営業時間・定休日
営業時間

午前10:00~午後6:00

 
定休日

毎週水曜日

 
電話番号

075-602-2000

 
 
住所

〒612-8387

京都府京都市伏見区下鳥羽平塚町136

リクルート

スタッフブログ

   
2018/11/06  おすすめ情報  受付 大西
リカのJL講座 Vol.1
大西 / オオニシ
[受付]
 

こんにちは。受付:大西です。

 

JL Wrangler

2007年に現行JKラングラーを発売して以来、11年振りのフルモデルチェンジ。

 

導入モデルは、3つ。

①Sport(2ドア)

エンジン:3.6L V型6気筒 DOHC

トランスミッション:8速オートマチック

②Unlimited Sport(4ドア)

エンジン:2.0L 直列4気筒 DOHCターボ

トランスミッション:8速オートマチック

③Unlimited Sahara Launch Edition(4ドア)

エンジン:3.6L V型6気筒 DOHC

トランスミッション:8速オートマチック

 

フルモデルチェンジですが、大胆なデザイン変更をするのではなく、誰が見ても一目でラングラーと分かるジープのアイコン的なデザインを継承しております。

1955年に誕生したCJ-5のデザインを色濃く反映し、特にヘッドライトの両端がセブンスロットグリルに食い込んだデザインや台形のフロントグリルが特長。

水平にデザインされたダッシュボードもCJ-5、CJシリーズを意識しております。

では、今回は、3つのグレードの共通点のお勉強をしたいと思います。

 

①ウインドシールド(フロントガラス)の改善

・アコースティックウインドシールドを採用

ラングラーのフロントガラスはボンネット側に開けられるのです!(Wow)

軍用車の名残ですので、開ける必要性はありませんけどね。雨漏れの原因にもなりかねないし。

・角度を5.8度傾斜し、空力抵抗とウインドノイズを大幅に低減することにより、燃費向上!(飛び石も避けられるかも?)

 

②軽量で高強度のアルミニウム製ボディパネルを採用し、ボディの軽量化を図り燃費を大幅に改善

・ドア、フェンダー、フロントガラスフレームにアルミニウムを採用

・リアゲート骨格部分と内側パネル部分はマグネシウム、外側パネル部分はアルミニウムを採用

Unlimited Sportは70kg、Unlimited Saharaは60kgのダイエットに成功(^o^)

 

①、②で燃費向上と書いておりますが、カタログ上での燃費はJK7.5に対しJLSport9.6、Unlimited Sport11.5、Unlimited Sahara9.2となっております。

③フリーダムトップ(ルーフ)

トップを軽量化し、トランクドアのメカニズムの改善もし、取り外しを簡単にいたしました。

JL研修にいったメカニック:安東さん曰く、ほんまに簡単になっていて軽かったとのことですので、春と秋はオープンでドライブも良いかも?

④雨漏れ対策

車に乗ってるのに雨に濡れたくない(;_:)(笑)

安東さんに、雨漏れ対策ブログを後日書いてもらいます!お楽しみに☆

 

⑤後方視界を向上し安全確認を容易に

スペアタイヤの位置を30mm下げ、リアワイパーの位置を上部から後部に変更いたしました。

そして、リアバックアップカメラを全グレードに標準装備!(やったー)

⑥アシストハンドルを追加し、女性やお年を召された方でも乗り降りを容易に

⑦リアシート

リアシートの背面を2.5cm拡大し、角度の改善をし、後席の快適性が向上いたしました。

ほぼ90度だった背もたれが改善・・・これは、とっても有り難いですよね?(笑)

そして、ホイールベースの拡大により、走りにも安定感が増し快適なドライブが実現☆

全グレード共通の改善点は、(私が分かる範囲は)これくらいかな?

以上☆

 

※ラングラーの卓越したオフロード性能については、スーパーメカニック:渡邉さんに書いてもらう予定でございます(*^_^*) 

 
2018年11月(13件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ページ上部に戻る