営業時間・定休日
営業時間

午前10:00~午後6:00

 
定休日

毎週水曜日

 
電話番号

075-602-2000

 
 
住所

〒612-8387

京都府京都市伏見区下鳥羽平塚町136

リクルート

スタッフブログ

   
2014/11/16  サービス 
HUYU(冬)といえば!!
 

恋ぃしてる瞬間きっと誰かを感じてるぅぅ~♪

メカニカル講座塾長の、おかむーちです!!

 

さぁ冬の歌姫広瀬香美さんで始まりました今回の内容はやはり!!

 

『スタッドレスタイヤ』でございます!!

 

京都は雪降んないでしょ!

降ってから考えるよ!

 

とまぁ、このような声が聞こえてきそうですが皆さま、

 

お忘れでしょうか(・o・)

 

あの大雪を!!(>_<)

 

あの白銀の都、京都を!!(>_<)

 

必ず降ります!!(今年は大寒波との予報もでております)

そして!!降ってからでは遅いのです!!(>_<)

 

では、講座を始めます(^_^)/

 

 

ウィンタースポーツなどで雪山に行くならもちろんですが、

街中を走るだけでもスタッドレスタイヤは必要ですか?えぇ必要です(^^)

 

雪の上はもちろんですが、恐ろしいのは、目には見えないアイスバーンです(*_*)

そぉ、スキー場スケートリンクとでも言いましょうか。

 

アイスバーン目視では確認しずらいものです

 それは主に橋の上や川の近くで発生します。(もちろんどこでも発生しますが)

そんな時、スタッドレスタイヤと、ふつーのタイヤではいったいどう違うのか!?

 

 

上がスタッドレスタイヤで、下が一般的なタイヤです(^_^)

 

まず・・・

 

スタッドレスタイヤの方が溝が深いですね!!

↪多少の雪なら、噛むように進んでいきます(^_^)/

 

ゴムの材質が違います!!

↪ゴムは、一般的に低温で硬化(硬くなる)します(*_*)

 もちろん、硬いよりも柔らかいゴムの方がグリップがイイです(^_^)/

 

さらに細かく見てみましょう(^_^)

 

1つのブロックに、スタッドレスタイヤの方は更に細かな溝があるではありませんかっっ!!ヽ(^。^)ノ

 

コレなんですよっ!!

 

「乾いた氷は滑らない」のキャッチフレーズを覚えておられますか?(^.^)

 

前回の講座でもありましたが、滑る原因は、地面とタイヤの間の「水の膜」なのです!!(・o・)

 

氷の表面にこの「水の膜」があるから滑るのですが、

スタッドレスタイヤは、ブロックの「細かな溝」「水の膜」吸収させます!!

 

そして!!

乾いた氷を疑似的に作り出しているのですっ!!(>_<)

まぁ、一般的な道路(アスファルト)に比べれば、氷の摩擦係数は低いので比較的には滑るのですが・・・。

 

ご理解いただけましたでしょうか(^_^)

 街中でも、スタッドレスタイヤは重要なんですよ(^.^)

 

ただし、サマータイヤ同様、古くなったスタッドレスタイヤは、ゴムが劣化をするため本来の性能を十分に発揮しません(-_-;)

溝の減ったスタッドレスタイヤも同じくです(-_-;)

 

さて、スタッドレスタイヤを装着しましょうか!!ヽ(^。^)ノ

 

それでは、またの機会に(^^)v

 
2014年11月(26件)
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ページ上部に戻る